バス復権を賭けた取り組み、県内でも本格化
 県内のバス利用者減少が続く中、県と県バス協会ではバス利用の促進を図る目的で新たな2つの取り組みを開始した。事業費は計2100万円で、うち2000万円は新エネルギー・産業技術総合開発機構からの補助を受ける。
バスなび大分・携帯サイト入口 【県内4社の時刻や沿線のイベントも─── バスなび大分】

 県内のバス時刻や、沿線のイベント情報を提供する。時刻検索は出発地と目的地を入力し、経路と時刻表が表示されるシステムとなっている他、各市町村のターミナル駅やランドマークから発着地を選択することもできる。
 もう一つの柱であるイベント情報では開催日や会場の紹介とともに、最寄バス停発着の時刻検索が可能。この他、お得なフリー乗車券や回数券・バスカードの情報もある。なお、来年度以降はスポンサーからの広告費で運用していく方針。
 バスなび大分のアドレスは下記の通り。

 ・PC http://busnavi-oita.com/
 ・携帯 http://busnavi-oita.com/m/

【大人1人で子供3人まで無料─── 休日ファミリー割引実証実験】

 12月25日から翌年1月7日の冬休み期間中と土日祝日、大分市内の同一区間でバスを利用した場合、降車時運転士にファミ割利用の旨を伝えれば、中学生以上の大人1人に対し小学生以下の子供3人の運賃が無料になる。翌年1月末までの実施だが、この取り組みで利用者の増加が見られれば、ファミリー割引の本格導入を検討しているとのこと。
 利用できるバスは大分バス、大分交通、国東観光バス、亀の井バスの4社で、各社の高速・特急バス、定期観光バス、トリニータシャトルバスなどの臨時バスは制度の対象外となる。

 (参考資料…大分合同新聞11月3日付紙面)
| 23:24 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

Comment











qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Archives
Category
Recommend
バスラマインターナショナル 102(2007JULY) (101)
バスラマインターナショナル 102(2007JULY) (101) (JUGEMレビュー »)

 事業者訪問のコーナーに別府市の亀の井バスが登場!各車両紹介や定期観光乗車記、さらには懐かしい写真も掲載される予定です。
Recommend
バスラマインターナショナル 101(2007MAY) (101)
バスラマインターナショナル 101(2007MAY) (101) (JUGEMレビュー »)

 「乗って楽しい!こんなバス」のコーナーでは、大分交通と広交観光が共同運行する別府〜広島線「別府ゆけむり号」を紹介。国内唯一の「フェリーを利用する高速バス路線」の魅力を伝えています。
Recommend
Link