大分バス、コスモタウン・西田厚徳病院線の試験運行開始
 大分バスでは11月1日から半年間、佐伯駅〜コスモタウン・西田厚徳病院を結ぶ路線を試験運行する。大手前バスセンター、勝尾を経由し、コスモタウン内のフリーモールさいき南側入口、西田厚徳病院玄関前まで乗り入れる。平日、土休日とも1日5便の運行で運賃は250円(小学生以下130円)。佐伯営業所が担当する。
 これまでの最寄バス停は国道217号沿いの「一本松」であったが、両施設まで徒歩で5〜10分の位置にあり、利用者にとっては不便を強いられている面は否めなかった。

 運行時刻については同社ホームページを参照にされたい。(参考資料…大分バスホームページ、大分合同新聞10月22日付紙面)
| 23:20 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

九重インターと九重"夢"大吊橋を結ぶ連絡バス、日田バスが運行開始
 日田バスは5月26日から、九重インターと九重"夢"大吊橋を結ぶ「とよのくに号連絡バス」の運行を土日祝限定で開始した。とよのくに号各停便が停車する九重インターバス停と、大吊橋最寄バス停である筌の口(うけのくち)をノンストップで運行するもので、所要時間25分、運賃は大人片道580円。当面は九重インター発10:10、12:00と筌の口発14:25の1.5往復が設定される。
 九重"夢"大吊橋は2006年10月30日の開通以来、半年足らずで入場者100万人に到達する盛況ぶりであるものの、周辺道路の渋滞や公共交通の整備が追いついていないなど、交通面での課題も多い。(参考資料…にしてつグループ公式ホームページ)
| 00:36 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

JR臼三線廃止後の動きとトピックス
 3月31日をもってJRバスとしての運行を取りやめた臼三線について、廃止後の動きや路線にまつわるトピックス等をまとめてみた。
【大分バスグループ移管初日】

臼津交通03021(大分22か1826)大野交通01029(大分22か2065) JR時代の車両は大分バスカラーへの塗り替え後に再登場する予定で、移管初日は臼津・大野それぞれの在来車が臼三線に“初出勤”を果たした。記念すべき第一便は臼津交通が1826、大野側は2065が担当。日曜ということもあり、乗客の姿はまばらだった。ジェイアール九州バスから移籍予定の5台の登場は早くて一ヵ月後と見られているが、従来どおり臼三線中心の運用となるのかが注目される。

【「あそゆふ高原バス」は亀の井バスが引継ぎ】

亀の井バス1764(あそゆふ高原バスデザイン)亀の井バス1764(あそゆふ高原バスデザイン・リア) 臼三線廃止に伴い、ジェイアール九州バス大分支店も閉鎖されるため、湯布院、黒川温泉、阿蘇を結ぶ定期観光路線である「あそゆふ高原バス」は亀の井バスが4月からの運行を引き継いだ。同社所有の1764が起用されるが、カラーを含めたデザインはJR九州バスが担当していたレッドライナー(大分230あ1078)とほぼ同一。社名を除いたロゴも受け継いでいる。
(情報提供…わかあゆ626さん、急行玄海さん)

【廃止を惜しみ、記念焼酎を発売】

 JR臼三線の廃止が惜しまれる中、地元JRバスファンと酒造メーカーが共同で「臼三線・ジェイアール九州バス号」記念ラベル焼酎の発売を始めた。発案者である銀行員の田口雅延さんと、営業所近くでホテルを経営する粟津英紀さん(ともに臼杵市在住)が、臼杵市野津町の藤居酒造に依頼して実現したもの。米焼酎のラベルと箱に田口さんと佐藤晴章さん(大分市在住)撮影のバス写真が印刷されており、臼三線の沿革を綴ったしおりも箱内に同梱。500本の限定発売で、沿線の小売店やネット等で税別1800円で購入できる。
(参考資料…大分合同新聞3月27日付紙面)
| 23:16 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

JR臼三線、72年の歴史に幕
JRバス臼三線、臼杵発最終便のヘッドライト間には「さよなら臼三線」の文字が JR臼三線が3月31日、72年の歴史に幕を閉じた。

 同路線は1935年、「臼三線省営バス」として当時の鉄道省が開設。国鉄バス、JR九州バスと運営主体を変えつつも、沿線住民の貴重な足として活躍を続けてきたが、利用者の減少を理由に2006年、県に廃止の意向を伝えている。
 最終日となったこの日は記念乗車のため訪れた観光客や、沿線では最後の雄姿を一目見ようと、撮影するバスファンや見守る住民の姿が見られた。夕方5時過ぎに三重町発臼杵行きのバスが到着後、セレモニーが行われ、2名のバスファンが青木富一ジェイアール九州バス社長、小椋進運転手に花束を贈呈。臼杵市在住で同社OBの粟津英紀さんが笛を吹く中、JRバスとしての最終便となった野津行き17時50分の便が発車すると、駆けつけた約50人のファンが最後の姿を見送った。
 臼三線を担当していた5台は4月からの運行事業者である臼津交通、大野交通への譲渡が決定しており、ボディーカラー変更等の準備期間を経て、再び臼三線に復帰する見込みとなっている。

 路線廃止とともに、貸切バス事業も終了。これにより、ジェイアール九州バス大分支店は閉鎖され、JRバスは県内から完全撤退することとなる。貸切バスは他の自動車営業所へ転属する予定で、「あそゆふ高原バス」については4月から亀の井バスが引き継いだ。
(以上参考資料…大分合同新聞4月2日付紙面)
| 23:06 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

大手4社、2007年のダイヤ改正
 3月から4月にかけて、大手4社が相次いでダイヤ改正を実施した。事業者別に主な内容を紹介する。
【大分バス】
 4月1日から新ダイヤに。最も大きな話題はJR臼三線の継続運行で、JR時代とほぼ同等の平日11便、土休日6便が設定されている。子会社ではこの他、臼津交通4路線のコミュニティバス化、竹田交通「米山〜小原」の廃止が挙げられる。
 大分市内線では「大分〜米良バイパス経由パークプレイス線(E32・E34)」で平日4本、土曜1本の増便を実施。これにより、平日は同区間22.5往復に増加した。また、南営業所管内の「大学病院・別府大学経由国分新町線(L25)」では、1往復が国分団地まで運転を延長する。系統番号は(L28)。一方、臼杵線の榎峠経由便への一本化と筒井経由便の廃止、佐賀関線の「金山バス停先交差点〜佐賀関高校」間廃止(同高校の廃校による)、花高松出発便の行先が大分行きおよび城南団地行きの2系統に整理されるなど、既存路線の見直しも相次いだ。
 なお、佐伯地区のみダイヤ改正は行われなかった。詳細は同社公式ページで確認されたい。
(参考資料…大分バス公式ホームページ)

【大分交通】
 APU(立命館アジア太平洋大学)線のダイヤ改正を22日実施。今回は登校日ダイヤで現行の160便から210便へ、休校日ダイヤでも112便から156便へと、それぞれ50本、44本の増便を実施。恒常的なバスの利用者減が続く中、一地方都市のバス路線が大増便される例は、現在では極めて稀なことといえるが、同大学が2006年度より、入学定員を1.5倍に増員したことが改正の背景にあるという。車両面では1688、1599の2台がAPU線用途に転属されている。
 また、これにあわせ「APU発別府交通センター線」間の区間便を新設する(登校日ダイヤで9便を設定)。
(参考資料…大分交通公式ホームページ、情報提供…とよのくにさん)

【亀の井バス】
 路線バスは3月18日改正。「9系統・石垣経由立命館アジア太平洋大学線」を、これまでの6往復からほぼ倍増となる11往復に増便。「43系統・安心院線」のサファリ〜上天間間を新道経由に変更の上、所要時間を2分短縮。この他、JRダイヤ改正に合わせた列車との接続調整、一部バス停名の変更等を行う。
 定期観光バスは4月1日から。「メルヘン(日本一の大吊橋とくじゅう高原満喫コース)」について、4月から11月までの季節運行から通年運行へと変更。季節により「春・夏コース」「秋コース」「冬コース」の3コースが用意される。また、これまでJR九州バス大分支店が担当していた「あそゆふ高原バス」を同社が引き継ぐ。「国宝宇佐神宮と耶馬溪めぐりの旅」は運行期間変更、「Bコース」および「A+Bコース」は廃止となる。
(参考資料…亀の井バス公式ホームページ)

【日田バス】
 日田地区は4月1日、玖珠地区は14日に改正。日田市中心部〜大分間の接続改善の為、日田バスセンターと高速日田バス停を結ぶ連絡バスを新設。各停便とよのくにの到着時刻にあわせて1日4往復設定されるもので、運賃は片道260円。大分市内への出張といったビジネスユーズに適したダイヤに設定されている。また、日田市内の通勤・通学時間帯のダイヤに関しても接続改善を行う。
 なお、連日多くの観光客でにぎわう「九重“夢”大吊橋」へは、JR豊後森駅から休日上り7便、下り8便で運行中。
(参考資料…日田バス公式ホームページ、大分合同新聞3月25日付紙面)

※「登校日ダイヤで160便が210便に─── 大分交通APU線が大増便」から改題
| 23:05 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

「福岡〜黒川」線、3月3日から通年運行へ
 西日本鉄道、九州産業交通、日田バスの3社で季節運行されていた「福岡〜黒川」線が、3月3日から通年運行へ切り替えられる。
 これまでは冬季の道路凍結が心配されていたため、冬季期間である12月〜3月までは運休となっていたが、冬季の運行を望む声が相次いでいたための措置。
 通年運行への移行後は新たに「高速基山バス停」「南小国町役場前バス停」「道の駅・小国ゆうステーション」の3ヶ所に停車、特に「道の駅・小国ゆうステーション」では土産物を購入する乗客のために、福岡行きのみ20分間の停車時間を設ける。なお、引き続き大分県内のインターチェンジなどには停車しない。その他の運行概要は以下の通り。
 ○運賃…3000円(大人片道)
 ○運行ルート…福岡交通センター(博多駅)〜天神バスセンター〜福岡空港〜高速基山〜小国町ゆうステーション〜南小国町役場前〜黒川温泉
  ※途中、福岡都市高速、九州道、太宰府IC、、大分道、日田IC、日田バイパスを経由
 ○運行時刻(福岡〜黒川温泉間)
  博多駅発黒川温泉着
   08:56 〜 11:58
   13:36 〜 16:38
  黒川温泉発博多駅着
   9:00 〜 12:11
   14:30 〜 17:41
 ○所要時間(最速)…約2時間43分

 今回の通年運行化にあわせ、熊本県南小国町内で使える「南小国町さと山チケット」や、「きよら米」1合があたるキャンペーンが実施されるが、詳細についてはにしてつグループホームページを参照されたい。(参考資料…にしてつグループ公式ホームページ)

 【予約は楽バスで…】
  PC http://www.rakubus.jp/
  携帯 http://www.rakubus.jp/m/
| 00:20 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

廃止予定の臼杵市内4路線、大幅減便で存続へ
 3月末をもって廃止される予定となっていた臼津交通の4路線が、4月以降は週1回運行に減便して存続することが濃厚となった。このうち、旧臼杵市域南東部を結ぶ宮本線(7.6km)は乗合タクシー、上松線(7.5km)、六ヶ迫線(3.9km)、白岩線(12.1km)の3路線についてはコミュニティバスに切り替わる。
 これら路線は乗客数減少の歯止めがかからず、親会社の大分バスも再建途上にある上、臼津交通では貴重な収益源となった貸切事業も規制緩和の煽りを受ける状況となっており、同社単独での路線存続断念は既に決定している。(参考資料…大分合同新聞1月18日付紙面)
| 00:10 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

別府ゆけむり号、利用者1万人に
 大分交通と広交観光が別府〜広島間で運行中の「別府ゆけむり号」の利用者数が16日、1万人を突破した。開設から299日目での大台達成となる。当日は別府北浜バス停(トキハ別府店前)にて記念セレモニーが開かれ、1万人目の利用者となった広島市の夫妻に、大分交通別府営業所の安部喜代治所長から記念品が贈呈された。
 同路線は昨年12月22日に開設。1日2往復が設定され、竹田津〜徳山間はスオーナダフェリーを利用する。国内唯一の、フェリーに乗船する高速バスとしても貴重な存在。(複数のニュースソースから参考)
| 23:03 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

「エアライナー」高速化へ、高速道路優先便を増便の方向
 空港特急バス「エアライナー」を運行する大分交通が、同路線の高速道路優先便を増便する方向で調整が進んでいることが明らかになった。大分発着便は8月現在、30往復の設定があるものの、大分自動車道を経由する路線は大分発の朝方3便のみ。今回の増便計画は、3月16日に開港した新北九州空港への対抗策と見られる。なお、大分空港の4〜7月の国内線利用者数は57万8060人。全体では前年同期比で0.9%減となったが、東京線に限れば45万5877人と、逆に1.3%の増加。今のところ、新空港開港の影響はほとんど見られない模様。(参考資料…大分合同新聞8月11日付紙面)
| 22:36 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

大分〜鹿児島線「トロピカル号」、大分バスの単独運行に
鹿児島へ向け出発する、南九州ネットワークの最終便 大分バスと南九州バスネットワークの2社で運行されていた大分〜鹿児島線「トロピカル号」だが、8月からは大分バスでの単独運行となり、ダイヤも改正された。鹿児島側の運行事業者である南九州バスネットワークを傘下におさめるいわさきグループが、8月に会社の清算を発表。これに伴う形で、「トロピカル号」からも撤退することとなった。なお、いずろ高速バスセンターへの乗り入れは継続となる。(情報提供…しゅうさん)
| 23:58 | comments(0) | - |
| - | pookmark |




qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Archives
Category
Recommend
バスラマインターナショナル 102(2007JULY) (101)
バスラマインターナショナル 102(2007JULY) (101) (JUGEMレビュー »)

 事業者訪問のコーナーに別府市の亀の井バスが登場!各車両紹介や定期観光乗車記、さらには懐かしい写真も掲載される予定です。
Recommend
バスラマインターナショナル 101(2007MAY) (101)
バスラマインターナショナル 101(2007MAY) (101) (JUGEMレビュー »)

 「乗って楽しい!こんなバス」のコーナーでは、大分交通と広交観光が共同運行する別府〜広島線「別府ゆけむり号」を紹介。国内唯一の「フェリーを利用する高速バス路線」の魅力を伝えています。
Recommend
Link