日田バス、高速バス初のC-Iボディ車登場
日田バス466 日田バスが今年夏、高速バス用途に「西工C-I型三菱ニューエアロバス(型式U-MS826P)」を1台導入していたことがわかった。九州急行からの移籍で、稼動は11月に入ってからと推測される。同用途でのC型ボディはこれが初めてで、とよのくにカラーがC-Iボディに塗装されたのも初の事例となった。なお、方向幕は全て活用されている。社内コードは「No.466」、ナンバーは「大分200か339」。
| 00:31 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

西鉄バスが“ひた号”用スペースランナーRAを5台追加、総数は2ケタに
西鉄バス9704 “ひた号”用途に2005年6月、4台が初導入された西鉄バスのスペースランナーRAだが、このほど3次車5台が追加導入された。型式は“PKG-RA274TAN”で、前回、前々回とほぼ同じ仕様と見られる。全5台の内訳は次の通り。

・大分200か・3 62 社内コード9701
・大分200か・3 63 同9702
・大分200か・3 64 同9703
・大分200か・3 65 同9704
・大分200か・3 66 同9705

 今回のスペースランナーRA増備により、西鉄バス日田東町自動車営業所所属の同型車は計12台となった。なお、在来車の転出状況については不明。
| 21:36 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

西工製ボディの採用目立つ─── 2007年夏の新車ラッシュ
 7月から9月にかけて、県内大手では新車の投入が相次いだ。今回の特徴として、西日本車体工業製の車両を各社積極的に採用している点が挙げられ、西工製いすゞエルガミオ、ブルーリボンII、S型の後継であるE-III型が県内初登場を果たしている。
大分交通329【大分交通】
7月に県内大手では初のJBUS製観光バス、「いすゞガーラ」を2台導入。「日野セレガ」は2006年に天領観光が導入を果たしている。リアウインドー下にメーカーエンブレムがある点が特徴で、社内コードは付与されていない。またエアライナー用には昨年に引き続き、UD製スペースランナーRA2次車を3台追加。仕様は1次車とほぼ同様と見られる。
 9月には県内初となる西工製いすゞエルガミオがデビュー。2台とも大分営業所に配置され、大分市内線、関の江線にて活躍を開始した。
 なお、今回導入分から貸切・路線とも社内コードが付与されておらず、同社ではコードを完全に廃止したものと推測される。
 導入された車両の内訳は以下の通り(左からナンバー、用途、型式、モデル名)。全車大分営業所配置。

 大分200か・3 24 空港 PKG-RA274TAN UD・スペースランナーRA
 大分200か・3 25 空港 PKG-RA274TAN UD・スペースランナーRA
 大分200か・3 26 空港 PKG-RA274TAN UD・スペースランナーRA
 大分200か・3 29 貸切 PKG-RU1ESAJ いすゞ・ガーラ(JBUS)
 大分200か・3 30 貸切 PKG-RU1ESAJ いすゞ・ガーラ(JBUS)
 大分200か・3 54 路線 PA-LR234J1 いすゞ・エルガミオ(西工)
 大分200か・3 55 路線 PA-LR234J1 いすゞ・エルガミオ(西工)

亀の井バス327亀の井バス327・リア【亀の井バス】
 路線バスは「スペースランナーRM」が7月1台、9月に2台、貸切は「スペースアローRA」の1台がデビュー。共に昨年からの継続購入となった。「スペースランナーRM」の外観上の変化としては、1次車では前面LED右下に搭載されていた色幕が省略されているのが相違点となっている。なお、2代目となるスペースアローの外観は1次車とほぼ同一と見られる。
 高速バスは県内初登場のE-III型2台で、長らく導入が続けられたS型の後継。亀の井の高速バスとしてはLEDを初採用、後部LEDは大分交通のエアライナー用スペースランナーRA同様、吊り下げ形となっている。また、トイレは最後部に設置された模様。
 この他、新車ではないが、日野レインボー在来車1台が再登録を受け、「大分200か338」のナンバーで再デビューを果たしている。
 導入された車両の内訳は以下の通り(左からナンバー、用途、型式、モデル名)。

 大分200か・3 27 路線 PB-RM360GAN UD・スペースランナーRM
 大分200か・3 28 貸切 PKG-RA274RBN UD・スペースウィングRA
 大分200か・3 41 路線 PB-RM360GAN UD・スペースランナーRM
 大分200か・3 43 路線 PB-RM360GAN UD・スペースランナーRM
 大分200か・3 56 高速 PKG-RA274RBN UD・スペースアローRA(E-III)
 大分200か・3 57 高速 PKG-RA274RBN UD・スペースアローRA(E-III)

大分バス42169大分バス42169(リア)【大分バス】
 9月、西工製日野ブルーリボンII(型式:PJ-KV234N1)を県内事業者で初採用。西工製大型路線バスの導入は1998年以来9年ぶり、フロントガラス左右対称の大型B-Iボディとしては1986年以来22年ぶりで、昨年の純正車と同様、11mクラスでの導入。また、公式側ワイパー右側とリアガラス右下の両方に、メーカーロゴが貼付されている。この他、日野レインボーII4次車(型式:PA-KR234J1)も6台導入されており、うち1台は佐伯営業所の配属となった。
 高速バスでは三菱エアロバス(型式:PJ-MS86JP)を3台購入。県内高速バスでは初となるLEDを装備している点が大きな特徴で、福岡線用がスイングドア、中央部トイレ、2+1の3列シートであるのに対し、熊本線用は折戸、後部トイレ、2+2列の4列シートとなっている。なお、LEDは前面、側面、リアとも基本的に表記方法は同じ。
 貸切車両は9月下旬、新型セレガ(型式:PKG-RU1ESAA)を納車。中央・南各営業所にそれぞれ1台づつ配属された。大分バス初の新長期規制適合車、セレガブランドでのJBUS製造観光型バス導入は天領観光に続き2社目となる。
 導入された車両の内訳は以下の通り(左から社内コード、ナンバー、用途、配属営業所、モデル名。判明分のみ掲載)。

 12819 大分200か・3 44 路線 中央 日野・ブルーリボンII(西工)
 12820 大分200か・3 45 路線 中央 日野・ブルーリボンII(西工)
 12821 大分200か・3 46 路線 中央 日野・ブルーリボンII(西工)
 12822 大分200か・3 47 路線 中央 日野・レインボーII
 12823 大分200か・3 48 路線 中央 日野・レインボーII
 12824 大分200か・3 50 路線 南 日野・レインボーII
 12825 大分200か・3 51 路線 南 日野・レインボーII
 12826 大分200か・3 52 路線 南 日野・レインボーII
 12827 大分200か・3 53 路線 佐伯 日野・レインボーII
 12828 大分200か・3 60 貸切 中央 日野・セレガ
 12829 大分200か・3 61 貸切 南 日野・セレガ
 42167 大分200か・3 35 福岡高速 中央 三菱・エアロバス
 42168 大分200か・3 36 福岡高速 中央 三菱・エアロバス
 42169 大分200か・3 37 熊本特急 中央 三菱・エアロバス

(情報提供および亀の井バスの画像提供…わかあゆ626さん)

※「2007年夏の新車ラッシュ」から改題。
※10月16日情報更新、車両表の構成一部変更。
| 21:53 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

大分バスと大分交通、バリアフリー法適合のノンステップバス導入を検討
 大分バスと大分交通が、来年10月に開催される予定の「チャレンジ!おおいた大会(全国障害者スポーツ大会)」に向け、交通バリアフリー法の基準に適合したノンステップバスの今年度中の導入を検討していることがわかった。
 県内路線バス事業者の低床型車両は徐々に増加しており、2007年9月現在、保有車両数の12.8%にあたる88台が活躍しているが、そのほとんどはワンステップバスでありノンステップバスの台数は少なく、これまでに大分バスが4台、大分交通が1台を導入しているものの、バリアフリー法以前の登録だったこともあり、いずれの車両も基準を満たしていない。なお、バリアフリー法に適合したノンステップバスの導入実績がないのは現在、大分と秋田の2県のみである。
 大分バス、大分交通とも導入予定数は1台で、県としてもノンステップバスの導入を促していく方針。
(参考資料…大分合同新聞9月20日付紙面)

高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律─── フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
| 21:22 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

大分交通も純正エアロクイーン導入、3社の「ぶんご号」主力全てが同一車両に
大分交通・「ぶんご号」用三菱エアロクイーン 大分交通は4月、大分〜名古屋線「ぶんご号」用途に三菱純正エアロクイーンを1台導入した。大分交通の高速バスは大分〜福岡線「とよのくに」開設以降、全て西日本車体製で統一されていたが、メーカー純正は同社史上初の事例となる。型式は“PJ-MS86JP”、ナンバーは「大分200か・3 20」。4月28日大分発の1号車として稼動を開始した。
 これにより、「ぶんご号」を運行する3社の主力全てがエアロクイーンに、予備車が西工SD-Iボディの車両に統一されることとなった。
(画像提供…わかあゆ626さん)
| 00:13 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

日田バス、九州急行から「西工S型ニューエアロバス」を1台購入
日田バスの西工S型ボディ・ニューエアロバス(元九州急行)日田バスの西工S型ボディ・ニューエアロバス(元九州急行・リア) 日田バスは今年に入って、高速バス用途に九州急行から「西工S型ニューエアロバス(U-MS826P)」を1台購入した。三菱ニューエアロバスをベースとした西工製S型ボディ車は、2005年に同事業者から2台を迎え入れており、今回は2年ぶりの購入となる。前代では方向幕上のアンドンが撤去されていたが、今回はそのまま残存、アンドン内には社名を表記している。社内コードは「No.465」で、ナンバーは「大分200か317」。
(情報提供…豊後府内城さん、習志野事業所さん)
| 23:34 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

国東観光に2台目のリエッセがお目見え、しかしデザインは・・・
国東観光に初登場の日野リエッセ 国東観光バスはこのほど、同社としては2台目となる日野リエッセ(型式不明)を導入した。これまでとは異なり、大分バスグループの竹田交通にも見られる「ホワイトにピンクのアクセント」といった、メーカー標準のデザインをそのまま流用している。他所からの移籍車と推測され、詳細な登録時期は2007年に入ってからと見られる。ナンバーは「大分200あ84」。
(情報・画像提供…わかあゆ626さん)
| 23:33 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

大交北部バス、合併・社名変更後初の新車導入
大交北部バス・いすゞエルガミオ? 大交北部バスが2005年11月の会社発足以来、初となる新車を導入した。サーモキング製クーラーを搭載していることから、いすゞエルガミオと見られ、ナンバーは「大分200か・3 18」、社内コードは現時点で不明。高田営業所に配属され、「宇佐駅・豊後高田〜伊美線」など同社管内の路線で活躍を始めている。高田地区への新車投入は1999年の「エアロミディMJワンステップ」以来8年ぶりで、新製から“トラバスカラー”での登場は、2003年10月の復活以降では初の事例となった。(情報提供…けんちゃん、画像提供…わかあゆ626さん)
| 00:16 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

西鉄バス、“ひた号”専用スペースランナーRAを3台追加
“ひた号”用西鉄バス“PKG-RA274TAN”2次車 「新長期規制+重量車燃費基準」適合車として、“ひた号”用に昨年6月に4台が初導入された西鉄バスのスペースランナーRAだが、新たに3台が登録を受け、同年12月頃から運行を開始した。型式は“PKG-RA274TAN”で、前回とほぼ同じ仕様と見られる。全3台の内訳は次の通り。

・大分200か・3 14 社内コード9531
・大分200か・3 15 同9532
・大分200か・3 16 同9533

 なお、今回の新車導入により3032が西鉄高速バス本社へ、3155と3243が同北九州支社へ転属となった。(情報提供…急行玄海さん、画像提供…youheiさん)
| 00:14 | comments(0) | - |
| - | pookmark |

11月の新車ラッシュ
 11月以降、各事業者で新車導入が相次いでいる。ここでは3事業者の新車情報を紹介。
【天領観光】
 8月に新型日野セレガを県内初投入した同社だが、今回は三菱製貸切バスを新たに加えた模様。これまでに「大分200か・3 00」の在籍を確認、社内コードは不明。韓国人団体専用ツアーのカラーをまとっているとの情報もある。画像は手に入り次第、何らかの形で紹介していきたい。
(情報提供…豊後府内城さん)

大分バスの2006年新車「三菱エアロバス」大分バスの2006年新車「日野レインボーII3次車」【大分バス】
 中・長距離および貸切用途では、三菱純正エアロバスを3台導入。型式は“PJ-MS86JP”で、純正エアロバスとしては2年ぶりの登録。中・長距離路線運用のうち42164はスイングドア・独立3列シート、42165は折戸・2+1の3列シート。なお、窓形状は双方ともT字窓。運用開始はおそらく11月初めと推測される。
 路線バス用では8年ぶりの大型路線バス新車として、いすゞ「エルガ」のOEM供給モデルである日野「ブルーリボンII(型式PJ-KV234N1)」が県内初登場。計5台が大分市内各営業所に配属された一方、レインボーIIも3台登録。昨年に続いての導入で、今回は3次車となる。
 05年式との相違点は「ポールの色がイエローからオレンジに変更」「出入り表記にピクトグラムを追加(入口ステッカーには“↑”、出口には“車輌進入禁止“の各マーク)」「車椅子用の可動席が2人掛けに変更」等。なお、佐伯地区でのレインボーII導入は今回が初。

 大分バス新車の内訳は次の通り。

○中・長距離および貸切用途(全て三菱“PJ-MS86JP”)
 ・42164 中央営業所 鹿児島線“トロピカル”運用(大分200か301)
 ・42165 中央営業所 熊本線“やまびこ”運用(大分200か302)
 ・42166 大分南営業所 貸切(大分200か303)
○路線(12811〜12813は“PA-KR234J1”、12814〜12818は“PJ-KV234N1”。全車日野)
 ・12811 大分南営業所野津原端末(大分200か305)
 ・12812 大分南営業所(大分200か306)
 ・12813 佐伯営業所(大分200か307)
 ・12814 中央営業所高江端末(大分200か309)
 ・12815 中央営業所(大分200か310)
 ・12816 中央営業所(大分200か311)
 ・12817 中央営業所大在端末(大分200か312)
 ・12818 大分南営業所(大分200か313)

※配属端末は判明分のみ表記
(情報提供…松富緑さん、ビーワンさん、豊後府内城さん、けんちゃん)

亀の井バスの2006年新車「日産ディーゼルスペースアロー」【亀の井バス】
 28年ぶりの日産ディーゼル製貸切車、「スペースアローRA」が初登場。型式は“PKG-RA274RBN”で、同社初の新長期規制車および、尿素SCRシステム搭載車。なお、ナンバーは「大分200か304」、中旬初めの運用開始と推測される。
 “ぶんご号”用途にはエアロクイーンが登場。同社史上初の三菱純正高速バスで、“ぶんご”用エアロクイーンの導入は大分バスに続いて2例目となった。
 今回から後方にも方向幕を装備、リアの社名表記もこれまでと変化が見られる。なお、側面は非スモークガラス仕様。ナンバーは「大分200か308」。型式“PJ-MS86JP”。20日から稼動を開始している。
(情報提供…急行玄海さん、画像提供…ガンちゃん)

※12月25日情報追加
| 22:34 | comments(0) | - |
| - | pookmark |




qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Archives
Category
Recommend
バスラマインターナショナル 102(2007JULY) (101)
バスラマインターナショナル 102(2007JULY) (101) (JUGEMレビュー »)

 事業者訪問のコーナーに別府市の亀の井バスが登場!各車両紹介や定期観光乗車記、さらには懐かしい写真も掲載される予定です。
Recommend
バスラマインターナショナル 101(2007MAY) (101)
バスラマインターナショナル 101(2007MAY) (101) (JUGEMレビュー »)

 「乗って楽しい!こんなバス」のコーナーでは、大分交通と広交観光が共同運行する別府〜広島線「別府ゆけむり号」を紹介。国内唯一の「フェリーを利用する高速バス路線」の魅力を伝えています。
Recommend
Link